遊心亭へようこそ

ご挨拶

坂村真民の詩の一節”めぐりあいのふしぎにてをあわせよう”を常に心に刻み、さまざまなお客様との出会い、ふれあいに感謝をしながら、肩のこらないホッとできるようなおもてなしを心がけております。

由来

昭和28年に旅館創業。平成3年に「遊心亭」へ社名変更。
”心を遊ばせる”という字のごとく、日常から身も心も解き放ち、ゆったりと過ごしていただく場所でありたい、という想いが込められています。

 

poem


をたしなむ親類から贈られた仏教詩人・坂村真民氏の直筆作品を館内随所に飾っております。

たくさんの作品の中から、お客様の心に響く言葉が見つかれば幸いです。